短時間で本の内容を理解する方法!   |11/18まで980円|

私は、社会を明るくするには、言葉の力が重要だと考えています。

言葉は、使い方次第で、人の心を傷つけることも、癒やすことも出来る力があるからです。

 

言葉とは、人と人をつなぐ「かけはし」のようなものだと考えています。

この「かけはし」は、言葉の使い方次第で、丈夫になったり、もろくなったりします。

 

 

でも、言葉を知らなければ、

大切なときに、適切な言葉や表現を使うことが出来ず、

間違った表現をしてしまい、

誤解やトラブルを招いてしまいます。

 

そうならないために、

言葉をたくさん覚える必要性あります。

 

言葉を覚えると言うことは、

「読書」も必ず必要になってきます。

 

この記事は、

  • 本を買っても、時間が無くて読めない・・・
  • 本を読んでも、内容を思い出せない
  • 買ったけど読んでない本が、いっぱいたまっている
  • 1冊10分で読む方法を知りたい

以上のことに該当する方にオススメです

 

急いで読む方法

私は、手品の本を読むときも、このテクニックをよく活用しています。

例えば、

  1. 入手困難な書籍を、その場で拝読させていただいたとき
  2. 新作の手品を考えるために、書籍をすべて読み直すとき

などには大活躍しています。

 

つまり、

  1. 短時間で本の内容を理解しないいけない時
  2. 大量の書籍から必要な情報をゲットしないといけない時

には、効率的に本を速く読む必要があります。

 

速く読むといわれると、

つい「速読?」

と思われがちですが、

 

今回私が、おすすめするテクニックは「ビジネス速読」と言われているものになります。

 

従来の速読は、特殊能力的な要素が非常に強く、

誰もが出来る方法ではありませんでしたが、

 

「ビジネス速読」とは、

「本の内容を効率的に理解するテクニック」となり、

特殊能力が無くても実戦可能です。

 

 

本の内容をしっかり理解しながら、

「1冊10分で読むための正しい読み方」

を覚えるだけ。

 

覚えるといっても、学習的なモノで無く、

手品と同じ 技術的なモノ

テクニックなので、練習すれば誰にでも習得は可能です。

 

本気で本の読み方を覚えたいですか?

 

 

1冊10分で読めると何が変わるのか?

1冊10分で読める、読書スピードが手に入ると、

何が変わるのか?

 

立ち読みほどの時間で、

たくさんの書籍を読めます。

つまりたくさんの言葉を覚えることが出来ます。

 

書籍を通じて、

様々な人の、様々な言葉の使い方に触れることにより、

自然と語彙力や表現力が身につきます。

 

練習方法

1冊10分で読むための、練習方法は、

「立ち読みをする」

これだけです。

 

本当にこれだけなんです。

それゆえ、今すぐお金をかけずに実践することが出来ます。

 

本屋さんの本棚にズラリと並んでいる本の中から、

いつも手に取るような、「手品の本」や「自己啓発の本」など、興味のある読みやすい本を手に取ります。

そして、手に取ったその本をパラパラッとめくって見ていくだけ。

 

この時に、ちょっとしたコツを意識しながら、読んでいくだけです。

 

私も、最初は1冊20分~30分程度かかりましたが、

この本に書かれている「本を読むためのテクニック」を練習していくうちに、

1冊10分くらいで読めるようになりました。

 

テクニックが気になりますか?

 

 

言葉の力で、社会を明るくする

はじめに書いたように、

言葉というのは使い方によって、人に勇気や希望を与えてくれる力を持っています。

たかが、「言葉」などと軽い気持ちで考えないでください。

 

 

人は、言葉で表現できなくなったとき、

体で表現を初めてしまします。

 

つまり、

自分の思いや考えを言葉として表現できなくなったとき(ストレスがたまったとき)、

病気として、体にサインが表れます。

 

言葉として表現できる、理解できる、ということは、

体にとっては、とても大切です。

 

私は、

 

誰かに勇気を与える力となる「言葉」をかけてあげられるよう、

読書をして、たくさんの「言葉」を身につけていきたいと思います。

 

 

たくさんの言葉を身につける方法

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA