【コラム】手品最大の魅力「効果」とは?


サーストンの三原則は、ご存じでしょうか?
手品の世界、特に日本の手品界で古くから守られているお約束事があります。


『サーストンの三原則』
1.「手品を披露する前に現象を説明してはいけない」
2.「同じ手品を繰り返してはいけない」
3.「種明かしはしない」

何故この三原則は守った方がいいのでしょうか?


手品とは想像と違う結果があるからこそ意外性があり、楽しめるものです。
結果がわかっていたら、意外性がなくなってしまい



「不思議さは半減してしまいます」


そう、不思議というモノに目盛りがあるとすれば、上記の三原則を守るだけで、不思議さ(効果)を簡単に増やすことが出来ます。


ほんの些細なルールを「守る」か「守らない」かで、不思議さという目盛りは簡単に増減します。


この不思議さの増減のことを、マジックピエロ手品教室では

【不思議の振り幅】

と定義しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA